紬/楓子barmy army

ブログトップ

ビシャス


ベランダに横たわる。

遠くに聞こえる電車の音と

いつからか降り出した雨音と。


ぽっかりと空いたそのモヤは

部屋で鳴っていたダンベアードが終わっていたことにも気付かず



紬が生まれてから初めて

家で、一本、火をつけた。


座り込んで、火をつけた。



もう、雨は止んでいた。



忘れてしもうたんか?




ハイライトだったろうが。



おまえとおれは。



ハイライトだったろうが。



おまえもおれも。
[PR]
by barmyarmy | 2015-05-07 23:40 | friends