紬/楓子barmy army

ブログトップ

Senses Working Overtime

以前、弟と街を歩いていると、突然、

「チャンマー」
と大声で若者がこちらに呼びかけている。

一見、ややこしそうな風体だったので、因縁かまされると思い、
しかとを決め込んでいると、

「おうっ!」
と弟が手を挙げている。

何じゃい、お前の連れかい。
ビビるやんけと思いながらも、「チャンマー」って何じゃい(笑)。

兄弟なので当然同姓なわけで、名字か名前で呼ばれる以外だとあだ名になる。それにしても「チャンマー」って(笑)。全く持っていきさつが判らんので弟を質す。

兄 「さっきの輩、チャンマーって言うてたよな。あれお前のことか?」

弟 「そうやけど。どないしたんや?」

兄 「どないしたってキミ.......。チャンマーってどういうことやねん!」

弟 「どういうことって、どういうことやねん。」

兄 「そう呼ばれるいきさつやないかい。ワシの連れであだ名が角栄って奴は名字が田中。ヘヴィって奴はヘヴィメタル、前さんは前川ってことや。」

弟 「ああそういうことな。最初はマノチャン、次にチャンマノ、それが進化してチャンマー。」

兄 「えらい業界っぽいなー(笑)。そういやワシも中学の時はまのたいじゅを略してマノジュと呼ばれてたな。」

弟 「そういうこっちゃ。兄貴の恥ずかしいのんも聞いたことあるで。」

兄 「そんなんあるかい。高校の時はマノサンってのがあだ名やったわ。何かダブッた1級上の同級生みたいやったけど。それぐらいや。」


たしかこんなやり取りだった。


しかしながら、かく言うわたしも、一発消したい過去がある。

ヒムロックより先に「マーロック」と呼ばれてたことを。

南無。



写真) 昨日は暴れまくっとったな。
c0044966_10132440.jpg
[PR]
by BARMYARMY | 2006-12-21 10:18 | a day