紬/楓子barmy army

ブログトップ

<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Shoplifters Of The World Unite

聴いたまま棚に戻しとらんレコードの山に新年迎えるにこのままではならんと一大決心の大片づけ。片づけるはずがこれ久々、あれ久々と次々ターンテーブルに乗せちまうんで余計に散らかり、嫁激怒(130%増 当社比)。おまけにチビもまとわりしかもこれでもかと棚からレコードをひっぱってくるわけで。

ナコードレコード主宰ツーヤンから結婚祝いにもらった限定1セットのナコード・7インチ・ボックスセットをひっぱりだし、未来永劫、永遠の坊やエマニエル坊やの7インチやら、「夫婦喧嘩のおりにBGMにして志気を高められる。ただし2分40秒。」と商品化されたワルキューレの騎行の7インチやら。

チビのリクエストに応えて、次々ターンテーブルに乗せちまうんで、さらに散らかり嫁激(200%増 先程比)。


2分40秒までのノックアウトを夢見ながら、再度ワルキューレかましながら、地獄の黙示録のサーフィン思い出しながら、藤原喜明でぶつかりながら。

今日も完敗。誰かたすけて。
[PR]
by barmyarmy | 2005-12-30 22:51

Always Never Fun

怒濤の1週間。って言うても全然店に出とりません。大人の世界には色々訳があるのよ。ギャフン。

リュースーの墓参りの為、高知へ。タイガースがキャンプ張るんやからと勝手に思い込んでる「高知万年夏説」 。そんなの嘘ウソ(笑) 。

高速バス予約しとったのに、雪で急遽運休。仕方なしにJRにて。岡山経由で瀬戸大橋〜四国へと。岡山で1時間程待ち時間できたので中国地方ナンバーワン・バーガーの呼び声高い某ミュージシャン経営「RACCOS BURGER」を覗こうかと思ったが、ミミズは口に合わないので行かず。

特急「南風」にて高知へ。途中、大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)の大峡谷がすんげー雪でびっくり。情緒ありますなー。しかし、おおぼけ・こぼけってなんちゅう地名や。人間で言うたら、2yangとコヅヤンって感じか。

高知駅にはコンガ社長に出迎えてもらい、超高級車(嘘ウソ)にて出発。道中、延々シモネタを言いまくるコンガのオッサンを全く無視しながら室戸へと。

リュースーが逝って早くも今年で7周忌。生きていれば24歳か。様々な事が頭を過るが、今年もやはり室戸のおばあちゃんはワシの顔を覚えてくれてなかった(笑)。元気だったのがなによりだけど。

しかし、すんげー風吹いてたな室戸は。


はちゃめちゃに飲まされた高知スピードチームとコンガ夫婦(もちろんオデンと社長)との宴の模様は次回の講釈にて。
[PR]
by barmyarmy | 2005-12-16 22:41

Kids Are Alright?

ハイスタ/ケン君のファンダンゴでのソロライブ・チケットが本日から販売、店に到着するとすでに若者が列をなして待機。一人2枚の枚数制限してもこりゃ全然足らんわ。案の定、並んでいたキッズ全員にはまわらず。しかし、全員がチケット購入後、店内を一周もせずにお帰り。ちっともリンクしやがらねえ。

売切れてからもずーっと問い合わせの電話が鳴り続ける。ここがチケット屋だと思ってるらしい若者もおり、おまけにそういう奴に限って言葉使いを知らんもんだから温厚で有名なワシも遂ぞスイッチ入ってオラオラモード。おんどれすんどれになっちゃうのよん。

しかしながら若者の復讐は非常に怖いので、
「ワシは樋口や。文句あるんやったらいつでも店に来い。」
と番長の名を語る。


しかしながらワシは非常に根性が悪いので、次回からの売れ筋チケット関連は事件師トシさんに一番に並んでもらい預かったチケットすべてを並んでいる若者の目の前で買ってもらい早々に目の前でプレミアつけて若者に叩き売るというヤクザなシステムをやってやろう。そしてさんざんネット上で叩かれてやろう。


そして常に捨てゼリフを忘れてはならん。
「ワシは樋口や。文句あるんやったらいつでも店に来い。」
[PR]
by barmyarmy | 2005-12-10 22:38

Guns Of Navarone

今年の夏は十数年振りに気合いをいれ、男のステイタスでもあるトニックシャンプーに乗り替えた。夏場はあのミンティアが爽快感200%にて見事に男をリフレッシュさせるのだ。

しかし、ここのところのあまりの寒さにええ香りがする嫁が使うシャンプーが恋しくなった。なので、先日そいつで一発洗髪かましたろうとあれこれ風呂場で探したのだが見当たらない。きらしてるんだなと思い仕方無しに爽快200%を泣く泣く使用。すっきりする。

休みだったので、嫁との買い物につき合って元町の商店街やらをウロウロしているとドラッグストアに入っていったので、 「ははん。シャンプーやな。」と思い、何を買うのか観察しているとシャンプーには見向きもしない。

「ははん。さては忘れとるな。」と思い、

「奥さん奥さん。シャンプーお忘れですわよん。」と気の利いた一発をお見舞いしてやる。すると

「あるやん。」
と嫁。

「ないがな。」
とワシ。

「あるやんか。トニックシャンプー。」
と嫁。

「あれはワシのんやがな。無いのは、き・み・の・ん!」
とワシ。

「私もトニックやがな。」

「んぐぐ。」

奥さん、トニック使ってたのね。

秀樹、ショック。


ps 将来パンチパーマとかあてたりするんちゃうか?
[PR]
by barmyarmy | 2005-12-08 22:35

Let's Get It Up

歩き出したチビは手に取るものすべてが新鮮なわけでどんどん自分の世界が広がっていってる。拍手もするようになったし、音楽を聴いてリズムをとったり、スティービー・ワンダーのように何度も首を横に振ったり。

当然、宇宙語的な言葉も乱れ飛んでおるわけで。やはり最初に発するちゃんとした言葉ってものは父親、母親共に、自分の事を呼んでくれるもんだと一歩もひかん状態で待機してるわけ。これが。

そのため、自分が唯一チビと二人っきりになる場所.....つまり風呂では、面と向かって「おとうちゃん」とレクチャーしてるのだ。

ということは、暗黙の了解にて嫁はんもワシが仕事中の時間違い無く「おかあちゃん」とレクチャーしておるはずだ。

ことこの事に関しては、ちょっとした70年代の米ソの関係なのだ。決して戦っているわけではないのだが。

家では通常、嫁はAMラジオのリスナーなのである。いつもの如く、アンニュイに食後のコーヒーをすすってソファに腰掛け、ボーっとしておるとAMラジオから時報を鳴らす前に流れるスジャータの音楽が。そう、関西人なら皆誰もが知っているあの唄だ。

「♪スジャータ、スジャータ、白いひろがり...♪」

全ての関西人はこれで10時の休憩や、昼ごはん、仕事の再開、仕事の終了.......等、さまざまに活用している、すっごく時間の事をあてにしてるあの唄だ。

「おっそろそろ10時やな。さてさて......」

とおもむろにソファから腰をあげた瞬間、前にいたチビが満面の笑みで
「しゅしゃーちゃ......すしゃーちゃ.......スジャータ!」


ひゅーどすん。
[PR]
by barmyarmy | 2005-12-03 22:32

Juso Crazy Night

レイザーズエッジ/けんちゃんとex-リトルフジコ/サヤカちゃんの結婚パーティー@ファンダンゴにてJELLYROLL ROCKHEADSを観る。すでに解散しており、本来ならこんな事は無いはずなのにこれはもうけもの。しかも青野が曲作ってきてて、それも披露。つまりJELLYROLL ROCKHEADSの新曲ってわけ。これまたもうけもの。

全員椅子に座ったANTI JUSTICEは、こんな芸風も出来るのねって事でバッゲージをしっとりと聴かせてくれた。

続くはHAWAIIAN 6、クアトロでやってもこのメンツだとソールドアウトね。豪勢なメンツのパーティー。贅沢贅沢。

当方のスピーチもベロベロながら「三つのオフクロ」なる新ネタにて無事終了。本間か?ラッコの出方を見てネタを......と思っていたがなんと奴は東京でライブやっとるじゃないの。次回へ持越しじゃ。

最後はオリジナルのレイザーズエッジが登場。久々に太郎ベース、ソノちゃんドラム、オチギター(リットン調査団酷似)にて初期のヒットナンバーのオンパレード。 フロアはモッシュの嵐、酒で床がびしょびしょなのですべって転んで押し合いへし合い、大盛り上がり大会。酩酊のワシもヘロヘロのグルグル。

顔から血を流しながらの大モッシュのアンチ藤岡。服は着ているがほぼ全裸級オーラの藤岡。辻並のつぎにホモ疑惑の藤岡。酩酊すると右回りしか出来ん藤岡。こいつはいつも無茶苦茶なので、皆さん要チェック。(まあ後ろでアンチ遠藤がからくり絵図書いとるんだが)

因にワシもすこぶる泥酔にて、翌日自己嫌悪。迷惑かけた皆さん、えらいすんまへん。
[PR]
by barmyarmy | 2005-12-02 22:27

Cycle War

こないだインテックス大阪で行われた「CYCLE MODE 2005」に上甲と行ってきた。言わば自転車博覧会っちゅうか、ショウケースっちゅうか。

まさにピンキリのブランドが様々に集まりうちの商品はこんなに最高でっせっちゅうのを入場料とってやってるんだけど、いやいや凄い人人人で。自転車人口って凄い事になってるんだね。

金城がファンライドって自転車雑誌の編集長をやってるカラミでジェイミスをあてがってもらって俺自身ファンライドでコラムを掲載してもらってるんだけどジェイミスのブルーも確かにかっこええ。

けど、個人的に自転車買うならレッドのフレームがメチャ欲しい。レッドのフレームで色々追っかけてたらキャノンデールがダントツ。トレックもよかったけど、ガンメタっぽいのがちょっとな。しかしキャノンデールっちゅうのは車で言うところのフェラーリって感じがするね。すげーわかりやすい。名実共に抜きに出てる感じがしたよシロウト目には。ブースの連中もええ意味で構えてるし。

そういやあジェイミスにはバドガールもどき....っちゅうかレースクイーン的なことなんだろう、ボディコンのお姉ちゃんが入り口でパンフ配ってた。ありゃセンス無しだな。なんだか貧相だったし。マイナスや。
[PR]
by barmyarmy | 2005-12-01 22:25