紬/楓子barmy army

ブログトップ

<   2006年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Ball And Chain

昨日は黒木がドラムをやっている「Le Cheval Blan」を見にヘラバラウンジへ。「BIRTHDAY PARTYみたいなダークな感じ」と黒木は言っていたけど、70年後期の西海岸な匂い...っちゅうか「45 GRAVE」ストライクな日本語によるゴシックな感じでかっこよかった。

なぜかガンジーさんも来てたので尋ねると、こないだのチャイナ追悼ライブで酔っぱらってやらかしちゃったみたいで、共演であったLIMITED EXPRESS/飯田君に挨拶に来たらしい。何でも、PAの卓に酒をばらまいたらしく、そのお詫びらしい。まったく記憶が無いそうな。くわばらくわばら。

「Le Cheval Blan」見たところで、夜勤の戻りから身体がついていってないのであろう、空きっ腹にシェリー酒を2杯ぶち込んだらあっちゅう間にベロベロになっていた自分は、街を徘徊、ゴリのところにお邪魔。乱痴気/前川社長が打ち合わせで業者と来てたけど、おかまいなしの暴言連発。すんません。おとなしく帰ります.....。

昼にVERMILION SANDS/XOYOの今北君から電話。神戸での仕事が早々に終わったので神戸散策しようとの事。家にまで来てもらい、一服した後街へと繰り出す。とりあえずメシでもともろもろ回ってみたが、ゴールデンウィーク初日のせいと昼時が重なり、めぼしいところは何処も長蛇の列。三宮まで行って元町の行きつけ食堂へ向かったが何故か休み。途中、サン地下の食堂で熱心に弁をふるいながらメシ食う前川社長発見(笑)。結局、中華街まで戻り、こっそりひっそりやっとる洋食屋へ。

その後、「JUNK SHOP」行って「HARDCORE KITCHEN」へ。ゴールデンウィーク突入と、久々の今北君登場にてどテンション炸裂のコメットのオンステージにて、他のお客も巻き込み昼からビール三昧。ワシもチューハイあけたけど、チビを昼寝につかせた嫁に内緒で家を出てきてた手前と、前日の泥酔帰宅の件があったので、乾杯の挨拶程度で軽く口をつけたのみ。あまり時間とれずで今北君すんません。そしてごちそうさま。

さて、明日は「日本脳炎」のワンマン(タイトルがFight or Flightやと!笑)がファンダンゴであるので、一生懸命嫁孝行せんとかんと。



写真) 帰宅したら、遊びほうけとるオヤジを尻目にすでに家事を手伝い、ちーちゃんと完全なるユナイテッドを組んでいたワーキング・クラス・ヒーロの「メンシ紬」。

 
c0044966_215711.jpg

[PR]
by barmyarmy | 2006-04-29 22:01

That's Entertainment

黒木、コメットとの痛快金脈夜勤天国も無事終了。黒木は電気職人への道も繋がったわけなので、金脈を掘れたことなのだろう(笑)。次回は黒木にコメットもワシも「タマっ!」と業界用語で責め立てられるのであろう(爆笑)。ジョーシキです!! 

電気職人 (from 尼崎) 寺田&チュー両名による名迷セリフ「ジョーシキですっ!!」と返し技「ヒジョーシキですっ!!」は、神戸チームのハートをがっちり掴んでおり、コメットも店で使うこと必至であろう。当然、ワシも黒木も日常ワードに組み込まれておるわけで、ナマを堪能したい方、ここ1ヶ月くらいはブームであろう様子なので、お話しましょ(笑)。

ってわけで、徹夜明けに希望軒で名物チャーシュー豚骨ラーメン (a.k.a 「てっさ」)を食した後、黒木にマックをいらい倒してもらう。もらう予定のソフトをきっちりまるまる忘れてくれているため、システムのメンテをば。おかげさんで快適でございますわい。

最後の最後で、きっちり昼夜が逆になっちまったので、またまた無理から元に戻しましょっと。
[PR]
by barmyarmy | 2006-04-27 02:09

Walk Away

本日は嫁の元職場連による婦人会のため、久々レコードを漁りに。こないだ掃除機を買いに行った時に発見した星電裏のリズムボックスへ。バーゲンコーナーにてコーデュロイやらツェッペリン他、クズ80'sをゲット。枚数増えればどんどん割り引かれるので余分にほりこんでしまう。

星電にメモリーカードのカードリーダーを購入しに。USBのハブも買おうと思ったがOS 9がいけるものが無かったため断念。休日の三宮探訪が妙に新鮮だったので、もろもろショップ巡り。小腹が減ったので何年振りになるであろうサン地下のジャズカレー屋(何じゃそりゃ)「サヴォイ」へ。昔入り浸っていた頃のメガネのおやっさんはおらず、ママさんが他に3人の従業員と共にやりくりしている様子。当時は2人でやっていたのだが、今やカツ丼の「ヨシ兵衛」共々、サン地下の顔となるほどの人気店になっておるみたいで、普段は行列をなしているらしい。幸い合間の時間だったのでさほど並ばず。相変わらずうまい!当時の記憶がよみがえりましたわ。

その後、「EZ PRINT」へ先日購入した外付けのDVDを取りに行き、「FREAK OUT」に顔を出し、店主さんとチラリやりとり。

まだ時間があったので本を探しに家の真南にある「レトロ倶楽部」へ。ここは昭和の匂い満載で、音楽、映画から怪獣、アニメものまでサブカルの中古が並んでいる。ポスターやチラシなんかもあるし、店主さんの好みなのかダブ系の音も中々良い品揃え。ビートたけし特集の「新潮45」、「買ってはいけない」、「ロック・ザ・ディスコグラフィー」の3冊を購入。久々の一人でのうろつきリラックスにてサンクス。


左)カードリーダーでメモリーを落としたのでちょいと昔の紬先輩。
中)THE FUTURES/ヨーペイの宝「絵都」との愚連隊「ホープ会」の結成式。
右)長男「太樹」が全くもって不出来のため、真野家の正式後継ぎに決定している次男の「双樹」(某ホテルマン)とツーショットにてオヤジにプレッシャーをかける赤ん坊少年「たまみ紬」。

 c0044966_2115446.jpgc0044966_2121042.jpgc0044966_212244.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-04-24 02:04

Rise From The Dead

夜勤明けのまま寝ずに京都の鞍馬温泉へ。精華大学前に住んでるタカちゃんと叡電の鞍馬駅にて待ち合わせ。ここんとこの金脈掘りにてくたびれている身体を森林浴と入浴にて再構築させる目論み。さらにチビの京都初上陸は是が非でも鞍馬に決めていたのもあったんで。

電車での移動のため、阪急→京阪→叡電という3本の電車を乗り継いで現地へ。さすがに妊婦、チビ、徹夜明けで一睡もしとらんオッサンの3人は、予想をはるかに越える疲れっぷりで、現地合流したタカちゃんととりあえずは鞍馬駅前の茶屋で軽メシと一服を済ませた後温泉へ。

桜がまだ少し残っている山の中の露店風呂はやはり最高で、隣のドイツ人らしきオッサン外人もご機嫌に湯につかっとる。チビは女湯にて嫁ハンとタカちゃんと共に入浴。板越しに聞こえるはしゃぎ声をバックに、のんびり癒されましたわ。

入浴後は鞍馬寺までケーブルに乗り、本殿にてタカちゃんが作ってきてくれた弁当を食べ、しばしの休憩。参拝に来ていた小学生の女の子に遊んでもらったチビのテンションも大ピーク。本殿に至るまで山道を少し歩くのだが、ここの空気が最高で、さすが天狗で有名な山なわけである。地と自分の身体との接する力を全身に感じる。まさに森林浴。深呼吸でこれほどクリアに鮮明に意識できるところはそうないであろう。何かが宿っているのが凡人のワシにもよーわかる。時間と体力の都合で奥の院はパスったが。

下山途中にタイムボム小玉社長から電話。昔、タイムボムからリリースされる予定でお蔵入りになっていたRISE FROM THE DEADのシングル未発表音源を中林君のブロンからの「ハラグロ」とMCRからのFILTH KICKとのスプリット音源、さらにその当時のライブ音源を収録してCD化するらしい。シモン君涙もんだね(笑)。その音源のブックレットの原稿依頼。当然快諾。楽しみ楽しみ。

タカちゃんの家でお茶をした後、ターコのバー「HAWK WIND」へ。まだオープンしたての時間だったので客も全然おらず、眠たくなりグズっていたチビも気兼ねなくグズらせれたのでセーフ。ペンキ屋企画「塗りまっせ!」の話し等で盛り上がり、気がつきゃ9時前だったのでタカちゃんに京都駅まで送ってもらってあわてて帰宅。長い長い1日。




左)比叡山鉄道と共に写る石原慎太郎親子。
中)比叡山鉄道車内で客にメンチを切る亀田親子。
右)鞍馬寺での義経と局(つぼね)。

c0044966_12374335.jpgc0044966_12375644.jpgc0044966_12381059.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-04-23 12:48

No Excuse

ここんとこはかなりハードな現場仕様のため疲労もピークに達し、その他もろもろのうざいことでのストレスも重なり、肉体的にもメンタル的にもグロッキー。たまらん。

しかし、コメットのレジェンド話しで職人全員が満開の笑みにて、夜中の仕事場につかの間の休息とやる気を促す。いるだけで大金星ですよコメット。皆助かってます。

 
紬マニアの三浦さんから最近はあんたの話しばかりだとのお怒りの抗議メールが届いたのでおぼっちゃまの近況を。ゴネかたがいよいよ道に入ってきたご様子のおぼっちゃま君の最近の必殺技といえば悲鳴。自分の思いとおりにいかん時に当然発するのであるが、全盛期のDROOP/Jやら、BOREDOMS/ヨシミちゃんを彷佛させるスクリーミングで、もはや犬笛の如し。高周波で攻めてくるから耳が痛い。痛いから止めてほしいのでこちらが言う事をきかねばならんという。完璧なまでの子供の思うつぼなわけで。あーワシもスクリーミング練習しよ。


ところで話しは変わるが、無責任な野郎のツケは俺のところに来やがるのか?





左)さもお手伝い風に見えるが、全く持ってデストロイな海原紬。
中)同上
右)クッキング・パンクスに仕上げるべく日夜の特訓をかかさない亀田親子。

c0044966_1620945.jpgc0044966_1620244.jpgc0044966_16204149.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-04-21 16:38

Poco A Poco

日曜日に神戸のポール・スタンレーでもお馴染みのエイゾー家でのパーティーにお呼ばれ。間違い無くご近所でも有名であろう「エイゾー&アンちゃん」夫婦の最高級もてなしによる本日のメニューは「タコス」。加藤一家を始め、トモヤ&山本さんペア、ミズカワ、エイゾーのボイトレ先生等、大勢によるにぎやかな一日だった。

なんせ神戸のヘヴィメタ・ゴッド夫婦のパーティー、しかも参加者のほとんどがメタラーなわけで、ワシと加藤の形見の狭さこれいかに。唯一の味方であると思われていたクラスティーである加藤嫁のex-ADDICTION/チヒロちゃんもメタル上がりが発覚、BGMのDEAD ENDに口づさむ始末。少しでもメタルの話しをすると即隠れメタルに仕立て上げられる非常にデンジャラスな空間にデブ2名たじたじ。しかし、最高におもろかったで。ごちそうさま。また呼んでくださいな。次回は南仏スタイルで(笑)。

夜勤明けの目覚めにてハローワークへ。東京はバブルらしいが、ここ神戸には何処吹く風って感じで、不景気な顔の面々がずらり。身重の嫁にことづけられた買い物を済ませ帰宅、郵便受けが満杯なので覗くと辻並からいかしたブツが。これでワシも心置きなく、男道(DAN-DOH 笑)に精進できまっさ。辻並メガサンクス!!!




左)今や大阪どころか、シカゴにまでその名が轟くゲイ・ストレート・エッジ「TONE DEAF」の最新ホモTーシャツ。

右)若干1歳7ヶ月にしてゲイの道を極めたマーチン紬君。


c0044966_15564396.jpgc0044966_15565612.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-04-18 15:58

Walk Together Rock Together

久々の休日も夜勤のリズムを戻すに身体がついていかぬ状況。前日の仕事が予想以上に早く終了したのもあって、結局朝の8時には起床。ほぼ時差ぼけの状態は今でも続いており、ボーっとした時間が継続。

しかしながら、予定はばっちり詰まっておるわけで。まずは嫁の産婦人科へ同行。「あの月に向かって打て」を実践した大杉勝男を地で行く起死回生(ライズ・フロム・ザ・デッド)は見事に月に向かって飛んで行き、見事に予告ホームラン。晴れて紬も来年にはお兄ちゃんになることが決定。いつまでもグズグズ言うてられんよ紬君。おっと親父のワシもグズグズしとられんわけで。

吉報の後は最近ストレスの元となっている掃除機を購入しに。やはり電器屋で目の前にするとダイソンの掃除機が欲しくなるが、ほぼ8万円の価格に卒倒。まぁ一生もんと思えば安いもんなんだろうが、掃除機に8万円って感覚はあいにく持ち合わせていないため、結局サイクロンも却下の紙パック仕様を購入。ついでにパソコンのピーカーが安かったのでこちらも購入。セイデンの近くにあるリズムボックスを発見したがこちらも見送り。

その後、猫グッズを一式購入して帰宅後、祝杯も兼ねて元町高架下の焼肉屋へ。すでにツワリが始まっている嫁であるが、何故かしら肉を欲するみたいでモグモグいっとりましたな。




左)輪っかのクッションを顔にはめた「なんですか紬マン」
右)風呂上がりに妾に耳を掃除させ、最高級ペルシャ猫をまとうおぼっちゃま君。


c0044966_11403055.jpgc0044966_11404224.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-04-16 11:40

In My Own Dream

1968年9月6日の東京戦は、後楽園球場でのナイターだった。試合は投手戦となり、1−1のまま延長戦に入っていく。大杉は、第4打席までは全くいいところがなく4タコ。延長11回裏に打席が回ってきたとき、打撃コーチの飯島滋弥コーチは大杉勝男に向かってこうアドバイスを飛ばした。

「あの月に向かって打て」




男がひと振りにかける.....それは人生に何回か訪れるわけで。

本日、その人生何回かのひと振りを達成したことを確認。


見事、予告ホームラン。

1打数1安打.....10割0分0厘


紬ちゃん、お兄ちゃんになったんだよ......。

ふっふっふ。



........貧乏人の子だくさん。


写真) いけるか?兄ちゃんよ.....
c0044966_2234329.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-04-15 22:32

When A Man Loves A Woman

黒木制作による架空特撮シリーズ「ドクロ太郎」の架空サントラCDをもらったのでチビと共に聴く。

エキセントリック少年ばりのオープニングテーマや、ガレージを飛び越えGS調の「ドクロ太郎かぞえうた」、悲劇のシンガーことグラハム・ボネット率いるアルカトラスの広島モナムールばりのジングルが挿入されたドラマ等も収録されており、大人も子供もスマイル。

因に限定で「ドクロ太郎」ソフビも制作され、即完した模様。

詳細はこちら。
http://dokurotarou.com/



写真) ドクロ太郎。
c0044966_2230108.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-04-15 22:27

Woman In Disguise

チェルシー/黒木、コメット等と共にナスティ/テルちゃんの電気工事の深夜現場へ。ニートの親父、ならびに不況のレコード屋店主共々ひじょーに助かる。職人F氏の現場までのロングドライブ中のアグレッシブな運転は、速いながらも注意事項をおこたらん安心できる運転で、スピード恐怖症のワシも思わず爆睡。

レギュラーで出勤出来ないコメットの変わりに、黒木がダンドリした野郎達が来るのだが、これがバンドマンやら劇団員やらで退屈することない。変なところで新しい出会いがあってとてもおもろい。

夜勤のため昼夜が逆転、3日目にして大分身体も慣れてきた。しかし悩みはチビとの接する時間がほぼ無い状況ってことか。まぁ知らん間に隣で昼寝してたりして、ちょっと嬉しいこともあるが。





左)梅干し食前。
右)梅干し食後。


c0044966_15144793.jpgc0044966_15145869.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-04-14 15:18