紬/楓子barmy army

ブログトップ

<   2006年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Plan 9 Channel 7

明け方からまたもや例の痛み。暑さなのか痛みなのかよう分からんが、全身汗まみれ。睡眠もちょっとしたワークスやな。

10:00頃には痛みも大分治まったので、チビ連れて外出。しかしながら調子は最悪、散歩がえらかったので、チビが最近お気に入りの私鉄探索へ。チビがダントツで支持する阪急電車を三宮駅で存分に見せてやろうと思ったが、駅まで行くと急に電車に乗りたくなったので、とりあえず一駅だけの切符を買って乗車。京都に行こうかと思ったが、乗り換えるのがダルいので西へ向かうことに。高速神戸の駅で電車を待ってるあいだに、阪神電車、阪急電車、山陽電車と続々と来るもんだからチビがどテンション炸裂、乗ってからもニッパチ・ヘッドチューン仕様にて200%アップ、気がつきゃ姫路までノンストップ(笑)。ちょっとした小旅行だね。

夕方、用事で高架下に寄った帰り、ハニーパイでレコード覗く。エサ箱の下にある段ボールの中を漁ってしばらく、チェック終了にて腰の痛みから解放をと身体を起こすと、目の前に桃太郎侍。もとい、辻並が。神戸で研修だったらしい。しかし、やっぱりよー似とるわい。高嶋兄に。


夕方からは昨晩からに続き、THE DAMNEDのオンパレード。去年、THE DAMNEDが来日した時、浅野さんがテーピングしてくれた当日のライブ音源をミツルにコピーして渡したことをふと思い出す。奴はそれをずっと聴いていたみたいで、ライブに行けなかったことを本当に悔しがってた。そういや、初来日のTHE DAMNEDはミツルと一緒に行ったな。

今日はなんとはなしに、落ち着きを取り戻したような気がする。



写真) 各メンバージャケによる「Love Song」シングル。宝物。
c0044966_0241347.jpg

[PR]
by barmyarmy | 2006-08-31 00:31

Life Goes On

ミツルはいつでもやってくる時、右手をぶらりと挙げて「おぅ」と顔をのぞかせてた。


高架下に用事があったので、ついでにフリークアウトで長話。壁にCHAOS UKの2ndシングルが500円でぶら下がってるので、迷う事なくゲット。しかも値引きしてくれたので300円也。破格。

店主の後ろに店頭だししていないアナーキーの1st〜3rdまでのカセット(プロ仕様販売用)があったので、気になって聞いてみたところ、ミツルが売りにきたものであった。1ヶ月ほど前だったらしく、その時に以前売ったUPRIGHT CITIZENSを買い戻していったとの事。全然元気だったらしい。現時点で俺が知るミツルの最後の姿だ。店主に彼が亡くなったことを告げると、大層驚いていた。

上記CHAOS UKのシングルも、当時2ndはどこに行っても売ってなく(あまり国内に入ってこなかった記憶が)、唯一、ミツルが持っていたので、とてもあいつの印象深い1枚。

奴が逝ってからのここ何日かでミツルの点が至る所で見つかり、線になっていく様が、ミツルの最後の叫びに思えてしょうがない。


今でも右手を挙げて「おぅ」とやって来そうだ。
いまだ実感が伴わない。



写真) Loud Political & Uncompromising
c0044966_20584120.jpg

[PR]
by barmyarmy | 2006-08-29 21:17

Love Song

シニカルなところも、単に皮肉屋なだけではなく、あまりにも繊細過ぎたため、人との接点が食い違う。

自分が最初にパンクロックと出会った時に、ピストルズでもなく、クラッシュでもなく、ダムドだったのもこいつがそばにいての成せる業だ。

センスの飛び抜け、ポップさ、そしてなによりも華になる.....そんないかした野郎のシラフな時間を止めてしまったのは、酒でも薬でも女でもなく、自分自身だった。

気が小さい自分を酩酊した勢いでしかアピール出来ず、しかも自分の気持ちとは正反対の言動をとってしまい、刺激を与えていた周りの人間をどんどん離していってしまったあいつは、永遠に時間を止めた。10年前にすでに常人であれば致死量となるであろう酒を飲みきっていたあいつは、ついに永遠に時間を止めやがった。


キャプテンが永遠のヒーローだった中学からの同級生は、38歳と10ヶ月で旅立っていった。
[PR]
by barmyarmy | 2006-08-27 22:44

Megalomania

昨日は神戸にDISCLOSEがライブで来てたので108まで。直前まで夕方からの激痛にもんどりうっていたが、なんとか治まったので出陣。久々にマスター川上君とヒロ君と談笑。ヒロ君のドラム勇姿は初めてだったが、ドタバタに疾走する感じとチューニングのモコ感がメチャRAWでおもろかった。まさにD(ドタバタ)-BEAT RAW PUNK!マスターの牙も最高。

ライブ終了後、コメットと加藤とで夏休み最後の土曜の夜の須磨まで暴走スイサイクル。須磨浜でのコメットによるブーメランビキニをへそまで引き上げた南米スタイルの、ほぼ裸に近いリラックスした容姿に、通り行く人々が「まぁなんてワイルドな人。プエルトリコの人かしら」等と好意を持つはずもなく、「バットホールサーファーズってのはこんな感じで忌み嫌われていたのだろう」と加藤と納得。

コメットを無事家まで送り届けた後、おかもちや〜んの店「ラグ(ンジ)タイム」a.k.a「ラ・軍司タイム」へ。貧乏な大人2人を知ってか知らずか、前代未聞の岡もっちゃんの大サービスっぷりに、「ひょっとして、岡もっちゃん、あと半年の命ではないのか」との疑問が、持ち帰りにメロンを持たされた時に確信に至る。



写真) パンダ先輩との共同作業にての捕物帖
c0044966_21581927.jpg

[PR]
by barmyarmy | 2006-08-27 21:58

Folk Lore

夕方まで調子よく、痛みも無し。

なので先日前川君から誘われた乱痴気の居留地にオープンする店のレセプションに嫁、チビ、コユキ嬢と参加。100坪にも及ぶどでかい空間、場所はほぼ京橋(神戸)出口出て来た所の2号線沿い。ショップにパワーがあると、ここまでお客が来るんだろうな。すげーの一言。前川君おめでとうございます。

先にチビと嫁を帰し、スイサイクルがてら三宮を闊走、ヘラバにてキムと11/11のライブの打合せと近況を。チャージ500円でやりたいとのこちらの意向を快く承諾してもらう。ギリギリでやってるであろう店の事を考えると、こちらのこの提案をすんなり受け止めてくれる男前加減に脱帽。その分、集客せねば。酒もガンガン出る空間に仕上げねば。当日、20:00からの大人タイム(笑)でのスタートも問題無いとのことなので、ゆっくりと3バンドにする事に決定。SUNSONS、LIQUID SCREEN、1☆狂でまったりとねちっこくだんなさん、奥さん連中を狂喜乱舞させれたらとニンマリ。

ちょいと調子もよかったので、岡もっちゃんのラグタイムへ。久々にアルコールを接種。ほろ酔いのええ感じで街をちょろり流し、海見て帰宅する。あまりにもええ感じなのと、無性にHUSKER DU聴きたくなったのでヘッドフォンでNew Day Risingを爆音で鳴らしていると、警告(warning)の痛みが登場。徐々にメーター上がりだし、アッちゅうまにレッドゾーン。深夜一人でもがき苦しむ。

やっぱりまだ調子乗ったらあかん。



写真) 家族war
c0044966_965191.jpg

[PR]
by barmyarmy | 2006-08-26 09:09

Catch 22

シングル、アルバムは当然なんだけど、ガキの頃はコンピ盤(当時はオムニバスって言うてたなー)で新しいバンドと出会うことが多かった。お金も全然なかったし、情報も限られてたので一粒で二度おいしいどころか、五度おいしいばりに貪ったもんだ。

地元が神戸なので、当時レコード買うには、センター街をおさえんわけにはいかんかった。センタービルの10階にあった「ウッドストック」と、JOINTの裏にあった「PAREX」。基本的にはPUNK/HARDCORE、NEW WAVE系の専門店がウッドストックで、日本の自主盤も大量に扱っていたのでこちらをメインに、PAREXは普通の輸入盤なのであまりパンク系はなかったんだけど、レジ横のシングルの新入荷のコーナーに、たまに紛れてたハードコアのシングルを熱心に探しに行ってた。

だからDISCHARGEの一連のシングルを始め、ハードコアのレコードはほぼここで買ってた(自主盤はレーベル直での通販が多かったけど)。そんな中、中学の時に出会ったコンピに「The Secret Of Life」ってのがあって、これがキョーレツの決定的だったのだ。EXPLOITED、CHRON GEN、INFA RIOT、4 SKINS、PARTISANS、BUSINESS、BLITZ、GONADS、LAST RESORT、P.A.T.T.T.Bまで、基本的にはスキンよりだったんだけど、収録バンド全てがかっこよくてずーっと聴いてた(今でも聴いてる)。ここから色々掘り下げていくようになったきっかけの思い出深き名コンピなのよ。機会あったら聴いてみておくんなまし。

これと平行に入手した「Oi! THE ALBUM」もぶっ飛びましたが。



写真) 25年も共にしているレコードと、16年共にしている猫(じゅうおう)。
c0044966_10222139.jpg

[PR]
by barmyarmy | 2006-08-25 10:23

Info Freako

相変わらず痛みは急に襲ってくるので油断は禁物。しかしながら、痛みが治まっている時は、日常と何ら変わらんわけで、これがまたある意味つらい。だって健康っぽいんだもの(笑)。当然、仕事もせんお荷物のダンナには嫁からの指令が飛び交うわけで。


暑いのんかなんのでとりあえず大丸のオモチャ売場へ。おるわおるわお母様方。遊び狂うチビを横目に、お母さん連中を観察。妙にいやらしいのは何故か。あのプンプンはたまらん。どうしても誰かに伝えたかったので青森のエロ大王(小人)にメール。

財布に商品券ころがってたので、プラレールの阪急電車を購入。チビさんゴキゲン120%、そのままハードコアキッチンに乱入。9/23のチケットを受け取りに行くも、ひとつい置いてないやんけ。コメット少し体調悪そう。摂生しなはれ。そやないとワシみたいに長期戦線離脱ってなことになりますぞ。途中、久々にex-バルチャーズ/トシさんと電話。変わらずバカ話炸裂。次回はゆっくり飲み屋にてね。

そういや乱痴気ももうすぐだなー。前川君てんぱってないっすか? 大丈夫っすか?(笑) 



写真) キッズサミット。
c0044966_2322274.jpg

[PR]
by BARMYARMY | 2006-08-23 23:23

サバンナの夜

痛みに耐えながらも、新桃太郎侍を鑑賞の完食。熱血が世間を圧巻させるこの巡りは、遂に時代劇までを浸食、まさに解体の再構築。

エンディングを飾るは吉川晃司による「サバンナの夜」。いつもの如く全くもって曲を覚えられないし、調子の外れ方はもはや貫禄にて。しかしながら何故かしらアッパーになるのは、ワシの生い立ちの問題なのかしらん?

危険なことに週に一度の楽しみへと化けかけている。

ところで辻並ちゃんと見たか??
[PR]
by barmyarmy | 2006-08-22 23:50

12XU

明け方、モーレツな痛みにより目覚める。

んん? この痛み凶暴につき。この痛みちょー過激。この痛み記憶あり。ああーこれはまさしく、あ・の・い・た・み。 南無さん。

再度、病院にて同意書にサインして例の造影剤にてレントゲン。あー先日は写っていなかったあの野郎、今日はしっかり写ってます。まだ出てなかったのね。調子良さそうに笑てますが、ちょー痛いんどすえ。たまりまへん。やっぱり汗禁物、また仕事出れないのね。でも腎炎じゃなかったのがせめてもの救い。


気をとりなおし、STATEMENT RECORDS/鈴木君から送られてきたブツを爆音で。昭和の匂い満載、ADKの雰囲気で奇形児にも通じるロウなパンクロックのストイックス。かっこええです。ちょいと痛み忘れましたよ。いつも本当ありがとうね鈴木君!

タイムボムからもRFDとCAPITAL RADIOのCD届く。RFDの方はライナーノーツ書いてるので、よかったら聴きながら読んでくださいな。



写真) Kids are alright!!
c0044966_21161517.jpg

[PR]
by barmyarmy | 2006-08-21 21:18

Best Of Times

盆休み最終日。嫁もチビも実家。

久しぶりの一人での夜更かしにて寝たのん4:00だが、ノイローゼでもないのに6:00には起床。悲しき性。すでに洗濯、朝食、掃除終了。休日にみのもんたの顔を見るほど不快なことこの上ないので、TVスイッチオフにて、近所の迷惑省みず、早朝よりCHAIN OF STRENGTHフルボリューム。まだまだヤンフラ・デーが続いているな。

今日は風が部屋中を吹き抜けて気持ちがいい。
さてさて、チャリンコ乗って一人で海にでも。
[PR]
by barmyarmy | 2006-08-17 23:43