紬/楓子barmy army

ブログトップ

<   2006年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Mebius

旅立った命、授かった命。

旅立った想い、授かった想い。


意識する。覚醒する。安堵する。
想いを馳せる。

意識せよ。
覚醒せよ。
安心せよ。

想いは馳せる。



様々なものをじっくり見て、じっくり聞き、じっくり話し、振るわせて震わせた。
まだ、2日あるけど、とても大切で重要な2006年だった。
意味の無いことなんて無いんだな。
どころか意味の有ることばかりだね。


現世(いま)で始まったばかりの事も。



写真) 願
c0044966_1933260.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-12-29 19:36 | to feel

Tumour

嫁に言いつけられた大掃除にかかろうと、ステレオ爆音にセッティング、無作為にチョイスしたレコードをバックに掃除始めるも窓の時点で早断念。大掃除、ひとりでやるのは妙に気が入りません。何でやろかい。

無作為チョイスしたレコード、1発目はLIZZY MERCIER DESCLOUX/Press Color。去年か一昨年に亡くなり、No New York周辺で活動していたフランス人(?)の女の人で、妙に艶っぽくてたまらなかったのだが、当時は全く発音できへんかった(笑)。リジー・メルシー・デクルーって知った時は感激したもんなー。リジー・マーサイアー・デスクロウクスと読んでたもん(爆笑)。

DIE KREUZENをダイ・クルーゼンと言ってたSxOxB/とっつぁんや、HUSKER DUをヒスカードゥと言ってたミツルのおかげで、ドイツ語はえらいことになってた(笑)。とっつぁんのは本間にローマ字読みなんだけど、ミツルのはドイツでの発音やと言い張ってたんで、加藤もコメットもヒスカードゥって言うよな今だに(笑)。リジーは多分フランス読みなんだろうけど。

ヨーロッパとかのバンドの発音って難しい。ANTI CIMEXはアンチシメックスなのかアンチサイメックスなのか? 英語発音ならばアンチ自体がアンタイになるわけだしなー。

WRETCHEDはレッチドなのかリチェッドなのか?
今更ながら誰か教えて。

それから、以前にも日記に書いたが、ANTI NOWHERE LEAGUEはアンチノーウェアリーグであって、アンチナウヒアレゲェではないのよ(泣)。



写真) リジー・マーサイアー・デスクロウクス(爆笑)
c0044966_16452219.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-12-27 16:46 | a day

Kosmos

楓子のお宮参りのため姫路の白国神社へ。紬もこの神社にお宮参りに来たのだが、あれからもう2年になるんだね。ってことは2年後には楓子もこのようになるわけで.....って当たり前(笑)。

紬と楓子、男の子と女の子ってことも含め、やはりだいぶんに違うらしい。今のところ、週末にしか会っていないので、全然ボク的には判らんのですがね。通常、寝っ転がしてて起きている時もほとんど泣かないし、入浴の時も泣かないし、女の子はやはり大人しいみたい。紬なんていっつもビービー泣いてたからね。

とりあえず、お宮参りが終わり、生後1ヶ月なんだなって実感。年明けに家族が皆戻って来たら大変だろうなー。にぎやかだろうなー。

と妄想しつつ、姫路から戻り久々ラグタイムへ。ここんとこ店を覗けばいつも満員盛況だったが、さすがに今日は大雨でちょいと暇そう。あれー暇なんで岡もっちゃんおらんなーと店内見回してたら、「いらっしゃい」と声はすれど主の姿あらず。あれあれ、小さくて気付かなかっただけなのね。また縮んでるね。身長ジャスト100センチくらいだね。これからは「ジャスト」って呼ぶね。それか「ジャスもっちゃん」って呼ぶね(涙)。



写真) いざ。
c0044966_1101292.jpg
[PR]
by BARMYARMY | 2006-12-27 01:17 | a day

さいあいあい

昨日は姫路から嫁と上のチビを呼び寄せ、阪急岡本のFARMHOUSE CAFEでのアキとシラタキのディナーショー(笑)へ。シラタキの絡みで知合いになったキョウコちゃん夫婦が経営するこのカフェ、一軒家を改装し自分たちで仕上げた手作りのお店で、ホワイトを基調にした明るくて暖かいお店だ。

以前、シラタキに打合せで連れてきてもらった時、ポカポカ太陽が射込みとても気持ちよかったので、チーチャンとチビをどうしても連れて来たかったのだ。あいにくディナーショー(笑)なので夜だったが、外の寒さを感じさせない家庭的な空間にチーチャンも一発お気に入り、阪急岡本駅の真ん前なので、店内の窓から到着する阪急電車が見えるのでチビも大はしゃぎ。姫路での育児に追われる毎日から少し解放され、久々にチーチャンのいつもとは違う笑顔を見れる。

10年振りにヤンボー(チェルシーフラワーショウ)とも再会。奴も結婚してて、マリモちゃん(4歳)ってかわいい愛娘引き連れ登場、紬ともご対面。きのこシールもらって仲良しに(笑)。

知らん間に満席となりアットホームな中、料理が運ばれ食事へ。ブロッコリーのポタージュを皮切りに、色々(他の難しい料理の名前わかりませんねん)おいしいものに舌鼓。デザートのチェリータルトまで、ありがたき幸せの絶妙味にて大満足。

コーヒーすする頃にアキ&シラタキによるSWEET ROCK TEAMの演奏がスタート。アキの唄を聴くのは、今はなき目方屋での新井英一のライブで飛び入りで唄ったのを聴いた以来だから、もう15年振りくらいになるのか。

プチ・キャロル・キングばりに熱唱するアキに、15年前のイメージがまだ鮮明に残っていたので正直びっくりした。結構やるねー。おみそれしました。まぁシラタキがギターじゃないと中々あーには演れんやろうけど(笑)。

MCは天下一品(笑)。岡本のこ洒落たカフェを一瞬に場末の下町風に持ち込み、客一同を巻き込んでいくテクは、ある種、セミナー会場でのカリスマ売り子だ。大西ゆかりよりも上手いっとる。ファンになりました(笑)。

演奏中から終わりまで、カフェの中と外のテラスを交互に走り回っていたチビ、阪急電車は前やわ、大好きな坂もあるわ、いたずらしたい雑貨はたくさんやわで大はしゃぎ。しかしながら、姫路の残した楓子の事もあり、早々に退散。次回はもっとゆっくりしに家族全員で行こう。

キョウコちゃん、ダンナさん、アキ、シラタキ、素敵な夜をありがとう。



写真) ポカポカだね。
c0044966_2245576.jpg
[PR]
by BARMYARMY | 2006-12-24 22:47 | live

Out Of Step

東京最後の砦、オールマンが10年の歴史をもって15日に閉店した。佐藤さんと最後に電話で話を。思った以上にさばさばした様子だったのは、最後のセールと残務処理を片付けての安堵からくるものだったのか。一時代を築いたレコード屋の終焉、しかもイグニションとの兄弟店だったのも含め、オールマンの閉店は本当に残念だ。佐藤さん、神山さん、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。


レコードからCDに移行した時に消え去ったA面B面の意識と概念。起承転結をCD1枚で考えるのと、A面B面があるのとでは、アーティスト側も組立て意識はまるっきり違うだろう。聴き手側もCDがメインとなってからはBGMとしての音楽が成立したような気がして仕方がない。

人それぞれ個人差はあるだろうけど、自分はCDによって音楽が明確にBGMと化したことが多い。アナログのA面が終わってB面にひっくり返す作業、片面のタイム感がギリギリ音楽を「聴く」という行為、つまりはメシを食う、セックスをするなどのちゃんと向合う行為だったんだと思う。学生の頃に試験勉強をしている時に、音楽を聴きながらってのは自分は出来なかった。絶対に音楽に意識がいっちゃうわけで。若かったからだけでは無いだろう。

それを思うと、時代と共にフォーマットが変わることで聴き手の意識も当然変わってくるし、アーティストの提示も変わってくるはずだ。ハードコアやパンクは、やはり7インチにぶっ飛ばされることが多くて、それこそ45回転のアドバイスだった。駆け抜けるタイム的なものとしても、ハードコアやパンクは7インチが手っ取り早く、一番合ったフォーマットだと思うし。

今、iTunesやipod、mp3の再生ハード等、音楽自体がデータをメインになってからというのはアルバム自体の概念が無くなってきたように思う。レーベルをやってる手前、着うたとかの切り売りの話がよく転がり込んでくるのだが、ダウンロードの状況を聞いて驚く。これだけCDが売れない状況下、1曲150円からの単価で携帯からワンクリックの作業にて、楽曲を購入してる連中がそんなにいるのかと。

CDに関しても、iTunesにとりあえず取り込んでから好きな曲以外は捨てる.....おそらくはそんな事になっているはずである。曲の切り売り.....これも時代の意識だろうし。

実際、ipod便利やもん。どこに行くのも手放せんし(笑)。別に懐古主義じゃないわけで。それも含めて、レコード屋の意識、レーベルの意識って変えんとあかんのやろな。そんな事は前線の仲間は皆判ってるんだろうけど。


それにしてもTELEVISIONの1stのB面はElevationじゃないとあかんし、THE MODSの1stのB面はTwo Punksじゃなかったら、あんなに支持されなかったと思う。


写真) あなたが音楽を聴く頃は一体どんな事になってるんでしょうね。
c0044966_13585753.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-12-23 14:01 | a day

Yellow Parallelogram

無事、隠れ家バー完成。施主への引き渡しも完了にて年内の仕事は完全終了みたい(笑)。お疲れさんでしたシラタキ。明日のディナーショー楽しみにしとりますんで。

LP用のOPPが無くなったのでフリークアウトレコードへ。ミニマム次第ではオーダーしてもらうことを前からお願いしていたのでその確認を。問屋に問い合わせてもらったら、ミニマムは500枚との事。

うーん、参ったなー。さすがに500枚は多いぞ。ハックルベリーを始め、最近はLPを買ってもOPPを付けてくれなくなってる(レコード業界のこの不景気ぶりだと仕方が無いが)ので、今後購入分も必要っちゃあ必要なんだけど。にしても500枚はいらんなー。誰か乗る人おったら連絡くださいな。多分1枚10円くらいでいけるんで。

最近CD−Rではなくて、プレスされたCD(といってもブート)が出回ってる裸のラリーズの話になる。CD−Rの時からいっちょまえの値段がついているUNIVIVEものだが、若い連中も結構手を出してるみたい。しかし、あの音源の出元はどう考えたって本人だろうなってことでフリークアウト店主と意見が一致。そりゃそうだろう。出てる音源のクオリティやら、スタジオセッションやら、身内以外ありえんし、本人じゃなかったら誰か見当ついて追いこみかけてるやろ(笑)。正規盤としてオフィシャルでリリースすればええのに。ああいう神格化は気に入らん。

なので買いたくないし、買うと追い求める不安からあーだこーだと言っていると、店主さんが店にあった「Mars Studio 1980」(山口冨士夫参加)の中古をCD−Rに焼いてくれた(笑)。しかも3枚組。

恐るべしフリークアウト。もっと商売しなはれ(笑)。

ありがとうございます!!



写真) 今年は行ってまへんねん。去年のですねん。
c0044966_22414825.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-12-22 22:46 | a day

Senses Working Overtime

以前、弟と街を歩いていると、突然、

「チャンマー」
と大声で若者がこちらに呼びかけている。

一見、ややこしそうな風体だったので、因縁かまされると思い、
しかとを決め込んでいると、

「おうっ!」
と弟が手を挙げている。

何じゃい、お前の連れかい。
ビビるやんけと思いながらも、「チャンマー」って何じゃい(笑)。

兄弟なので当然同姓なわけで、名字か名前で呼ばれる以外だとあだ名になる。それにしても「チャンマー」って(笑)。全く持っていきさつが判らんので弟を質す。

兄 「さっきの輩、チャンマーって言うてたよな。あれお前のことか?」

弟 「そうやけど。どないしたんや?」

兄 「どないしたってキミ.......。チャンマーってどういうことやねん!」

弟 「どういうことって、どういうことやねん。」

兄 「そう呼ばれるいきさつやないかい。ワシの連れであだ名が角栄って奴は名字が田中。ヘヴィって奴はヘヴィメタル、前さんは前川ってことや。」

弟 「ああそういうことな。最初はマノチャン、次にチャンマノ、それが進化してチャンマー。」

兄 「えらい業界っぽいなー(笑)。そういやワシも中学の時はまのたいじゅを略してマノジュと呼ばれてたな。」

弟 「そういうこっちゃ。兄貴の恥ずかしいのんも聞いたことあるで。」

兄 「そんなんあるかい。高校の時はマノサンってのがあだ名やったわ。何かダブッた1級上の同級生みたいやったけど。それぐらいや。」


たしかこんなやり取りだった。


しかしながら、かく言うわたしも、一発消したい過去がある。

ヒムロックより先に「マーロック」と呼ばれてたことを。

南無。



写真) 昨日は暴れまくっとったな。
c0044966_10132440.jpg
[PR]
by BARMYARMY | 2006-12-21 10:18 | a day

楽しみにしていた年に1度の大阪ヴァーミリオンサンズ・オンリーは、一身上の都合により参加出来ず。中林君の叫び聞けず。本当に残念。

ルミナリエと街宣車の喧噪からの逃亡、ルーザーのお墓参りのため広島へ。乱痴気/前川社長との眼鏡コンビによる車での広島行き、いきなり社長の寝過ごしのとちりにて1時間遅れの出発。

天気予報での雨を覆す快晴の中、BGMとなるipodは、DISCHARGE/Hear Nothing〜を1曲目にチョイスするハードコアな1日を大予想。寝不足の眼鏡コンビ、腹が減っては〜と、とりあえず高速のサービスエリアで朝からかき揚げ丼セットの大奮発、しかしながらこいつが近年稀に見る不味っぷりにて、眼鏡両名いきなりの沈黙状態(涙)。

4時間ほどで広島に到着、横川駅までガイ君を迎えに。見た事も無いバッドブレインズ/ペイ・トゥ・カムのスウェット着用にて広島の御大登場。ルーザーの葬式以来の再会にてがっちり握手。

市内から高速に乗って3〜40分走ったところにあるルーザーのお墓へ。静かな山の竹林が後ろにある場所に、ものすごく立派なルーザーのお墓はあった。生前、ルーザーがお母ちゃんの誕生日に贈った色紙の言葉「己の中に感動の瞳をもて」が彫り込まれた石や、ベンチ仕様の石、仲間がやって来てにぎやかに出来るようなスペース等があり、ご両親のルーザーと仲間に対する愛情満載の素晴らしいお墓だ。

お参り後、近くにあるルーザーの実家へ。仏壇にお参りさせてもらい、しばしご両親とお話。いろいろと奴の裏話を聞かせてもらう。来年の7月には3回忌なのでその時にまた大勢で集まることも約束。

市内に戻り、ミザリーにてレコード物色。広島シティハードコアの総番セイコさんとも再会。あいかわらずお綺麗なことでなによりでございます。WALLFLOWERSとWORLD BURN TO DEATHのアナログをゲット。

その後アスファルト/ジェロの店に寄り、ジェロも一緒にガイ君なじみのお好み焼き屋へ。地元の連中が行く、うまくて安い広島お好みを食らい、SHOKIがツアーで来てるのでライブハウスへ。

SHOKIを見た後は、4人で居酒屋ミーティング。もろもろ熱い話に涙し、広島を後に。結局、神戸には朝の5:00到着。充実の24時間。ガイ君、ジェロありがとう。次は神戸で眼鏡コンビがもてなしますんで。

それから、前川君お疲れさんでした。おもろかったですね。次回は7月に。



写真) 広島ハードコアの本丸、ガイ君&セイコさん夫妻。おそらく...いや、間違いなくかかあ天下のはず(笑)。
c0044966_0572486.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-12-19 01:00 | friends

Roads

広島より無事帰還。

今年1発目の忘年会はおっさん1人、乙女2人からなる変則バージョンにて。ルミナリエでごった返す夜の三宮は、いつものように片手挙げながらオッスと入店、好きな場所に座らせてもらえるほど甘いわけが無く、数少ないいきつけの店は全てソールドアウト。

仕方なしに入店の大型チェーン店の変チクリン個室バージョンは、久々の再会もどこ吹く風のシモネタ全開。しかしながら実は外にまる聞こえのこの個室、タメである乙女2人は当然40歳目前、それでもさすがに照れるかとのこちらの心配一切御無用、しまいにゃ医学用語までもが飛び交う始末。里見まさと・亀山房代の漫才より50倍はおもろかったはず。

次回はシモなしでお嬢様方々(笑)。
それともケーシー高峰先生ばりに突き進んでみますか(笑)。

グラッチェ。



理屈ではない、心に共有するもの、もっとコアに迫ると、魂の震えってのは瞬間だけでは無い事を確信に核心。大切な用事を蹴ってまで、そこにたどりつかせた流れってのはこういうことだったんだと確信に核心。

未来を見据え瞬きと希望を。
未来を見据え輝きと軌道を。



それも含めた広島はまた後で。
[PR]
by barmyarmy | 2006-12-18 13:15 | to feel

Joy Jam

昨年、在庫無しにて渡せてなかったドリルマン/ターコの出産祝いを無事ゲット。これでポリジャン兄弟がさらに増える(笑)。そういやうちのチビのポリジャン、ペイントをリキッドスクリーン/今井君に託しているんだけど、いけてますでしょうか(笑)。まだ1年大丈夫ですけど。今井君が描いたSxOxBのジャケット級のを期待してます(笑)。描き下ろしドクロで。あーあつかましい。

ターコに送り先を聞こうと思い電話してみると、嫁のヨウコから吉報。なんとヤンフラところもご懐妊との事。おー目出たい目出たい!!いよいよヤンフラがパパになるご時世なのね。くしゃくしゃになったヤンフラの顔が目に浮かぶよ。いやー本当におめでとう!!


うちのチビのもろもろの申請と手続きで区役所へ。さんざん窓口振られ、うだうだモード突入するも出産費の申請とかもあったりなのでものごっつい低姿勢な自分。確か紬の時は30万だった出産一時金が35万になっとる。もうけもうけ。ひっひっひ。

そういやミクシイのニュースのとこで児童手当も倍増とか書いてあったな。ひっひっひ。


写真) ひっひっひ。
c0044966_23422012.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2006-12-13 23:43 | friends