紬/楓子barmy army

ブログトップ

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

孤立無援の花

淡路にまたがる雨皇子に最敬礼を果たした緑のセレナは、ツェッペリンで車内最高調、室戸の風に後押しされて羽根川まで潮と太陽を食い散らかす。辺り一面、金木犀の匂いにつつまれたリュウスウのお墓には、やっと勢揃いした太陽の子供連が各々の思いを彼に語りかける。今日は特別だ、一緒に街までおいで。あなたのベースアンプが置かれてる、仲間のお店で、僕たちは演奏するんだ。共有しよう。井上君もヒロ君も一緒だ。さあさあどうぞ。


僕、ゴシップ大好き。うわさ話だーい好き。でもね本人がいて、当人つっついて、みーんなで大笑いするのが大好きなんです。うわさ話を人聞きして、関係ねぇーのにぶちぶち関係者づらして、バカ話鵜呑みにして一緒になってうだうだぬかしてるのとゴッチャにするんじゃねーよ。本当にあきれちまうぜ。禁固刑。

そんなことを吹き飛ばしてくれる暖かい街なんです高知。



演奏は全然ダメだったですが、折れそうだった心が踏ん張りましたよ兄貴。いつもいつも甘えっ放しですけど、これからもずっと甘えたいのでこちらで出来ること色々やってみますよ。あーとりあえずハマにマッサージさせるん忘れとりました(涙)。



帰りの道中、何年か振りとなる望ちゃんから電話。
「今年ってリュウスウの墓参り行ったー?」


皆、繋がってますねん。





写真) メンバーで写真撮ったことおまへんねん。そやから勝手に転載(すんまへん)。買い物したらイグニッションの袋が......(号泣)
c0044966_22255963.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2007-10-29 22:34 | a day

旅路ニ季節ガ燃エ落チル

毎朝、めぐる、きりゅう、りばあが眠る山の前を通ります。いよいよ冬支度も始まりなのか、じゅうおうの毛が冬仕様になってきてます。明日はりゅうすうのお墓参りをしてから高知へライブに向かいます。早いもので今年で10回忌です。マスター川上君のところにも行きたかったのですが、うちの他のメンバーは川上君と面識が無いので、またの機会に井上君に連れて行ってもらおうと思います。そのDISCLOSEでドラムを叩いていたヒロ君のバンドAGGRESSIONと、井上君のCONGA FURYと同じステージで演奏をさせてもらいます。神戸以外での初ライブが高知でしかもこの面子、本当に感無量です。うちらの音はハードコアではありませんが、全身全霊でぶち当たろうと思います。様々のしがらみを一切断ち切って。
[PR]
by barmyarmy | 2007-10-26 23:50 | a day

駆ける巡る

「その鼻のブチ、珍しいなぁ」
「これがごっついええんやんか」

「八代亜紀っぽい? 」
「ううん、三木のり平(笑)」

「中性っぽいやろ」
「キリ直系やなこいつは」

「じゃあ、こっちのずっとシャアシャアと威嚇しとる奴はジュウか?」
「そやな、かっこばっかりやし(笑)」



三浦さんの実家の庭に住み着いたノラ軍団のチビ2匹は、いよいよ手に負えんようになるまさにその直前、丸山の俺等の下にやって来た。すでに先住の2匹との折り合いも、全く予想だに付かず。

いきなり「きりゅう」による猫パンチにも屈しない「かける」、タオルの隙間に隠れる「めぐる」。体を張らずに隠れる「めぐる」を何故かしら兄と感じてしまったあの日以来の「きりゅう」「じゅうおう」「めぐる」「かける」の4兄弟との生活。


昨年、「きりゅう」が星となり、今夏に「かける」が駆けて行き、「めぐる」はその後ろ姿を追いながらも階段の廊下の窓で立ち止まった。


2匹となって1週間前まで「じゅうおう」と走り廻っていた兄は、弟が駆けてから2ヶ月後の今日、天へと巡った。



「うちに来て良かった?」
「うん、やるべき仕事だったから」

「全然、気付かなかったよ、今の今までその仕事のこと」
「気付いてたら仕事にならないよ」

「誰が悪いって感じること?」
「いえいえ、関係性の問題ですから、誰の責任とかじゃないんですよ。それに気付いてもらうためにあなたのところに行ったんですよ。」

「でもへこんじゃうよ」
「へこむことないよ。居なくなるのは寂しいだろうけど、役割全うしてんだから。ちゃんと伝えてね。誤解がないように。あなたが「めぐる」って名前つけたんでしょ」


「わかったよ。今までありがとう。ちょっと寂しいけどね。今晩は「じゅうおう」と一緒に寝るよ。あいつ1人になっちゃったんだから」

「そうだね一緒に寝てあげてよ。もう僕は一緒に寝れないからね。じゃあね、おやすみなさい」



「おやすみなさい」  


そして、ありがとう。





c0044966_003234.jpg
[PR]
by barmyarmy | 2007-10-17 23:54 | cats

The Day Before

オッサン、子供、そして若者の遊び場に、そして右も左も、不埒も誠実も、反体制も日和見も、くだらん垣根を吹き飛ばせたら。せめて自分等が遊んで来た街なんだから、居り場を雑種で、踊り場を雑種で。

何がインプロ、何がグラインド、何がパンク、何がヒッピー、何がメタル、何がハードコア。どうでもよろし。日記公開の是非をブログで議論する愚かさよ。どうでもよろし。


しかし、昨晩のドリルマン、壮絶でした。この人たちは200点満点のライブ、そうかと思えば次のライブでは10点だったりと、これがあるからわたくしはドリル中毒なわけです。ずっとおっかけますよ。いつも琴線に触れられます。山口おじいの選曲にもノックアウトです。

そしてヘラバ/キムに多謝。
[PR]
by barmyarmy | 2007-10-08 17:39 | a day

Soul Watcher

タグラグでの様々なバンドとの関わりの中でも
特に思いが深いグラインド・オーケストラ。

自分の部屋には家族と猫の写真の横に、アメリカでのライブ前
バックルームで勢揃いしたメンバーと自分の写真。

一緒にアメリカツアーに行った時のメンバーでは
もう吉川君しかいない現グラインドの面々。

他のメンバーはタマノ君以外ほぼ初対面なのに
何故か昔からの知合いのような居心地の良さ。

チビ連も大層可愛がられて、気が付きゃ新開地は夜の11時。

大はしゃぎの紬君、
明日はこれまたお父ちゃんの思いが深いドリルマンのライブ。
ちゃんと昼寝しておきなさい。


思いは託す。
[PR]
by barmyarmy | 2007-10-07 00:32 | friends

I Feel The Earth Move

拝啓
風が乾き、そしてすっかり空が広くなっとります。



紬の誕生日カードがあったので
おかん&ファミリーで行ったトマト&オニオン
太樹と呼ぶ声に振向くと
赤堀がおるではないか。

地震の安否を確かめた、あの13年前以来の再会
すっかり短髪の店長様
盛大にサービスしてもらいましたぞ。
懲りずにまたタカリに行きます。


浮遊感たっぷりにドリルマン
こころの底まで癒してもらって多空バンド
メンバーにメキシコ人はいないよーサンサンズ
バックミュージックには、カントリーからユースクルーまで
小松の親分さんじゃないよー山口おじい

すべての大人の皆様、10月7日はヘラバまで。
酸いも甘いも苦いもうだうだも
よーおこし。

2007年10月7日(日) @神戸Helluva Lounge
18:30 start 1,000yen
starring....
Drillman (kyoto)
多空band (wakayama)
Sunsons (kobe)
and DJ Oji



敬具
[PR]
by barmyarmy | 2007-10-05 23:35 | sunsons / dee jay