紬/楓子barmy army

ブログトップ

We Got Soul

エンターテイメントは素晴らしい。

昨日のidea of a jokeにゃノックアウトだ! この素晴らしきバンドをリリースできるのは、実に光栄だ。気が変わる前に、早くレコーディングを終わらせねば(笑)。

エンターテイメントな野郎は、自宅の猫もエンターテイメントだ。御自慢のうちの猫写メも、惨敗だ。 カメラっていうか、ちゃんと視線がわかっとる。 ポーズもわかっとる。なにしろ惨敗だ。 モリカワ君、次回のレコーディングに、うちのフォトジェニック猫で再度勝負だ!新しい写真を用意しておきたまえ(笑)。


東君の日記に愚鈍のことが書いてあった。高山君も書き込んでたけど、「鉛の愛」が個人的にフェイバリットだとか。自分も実はそうである。「オマエノコトナドシラン」との2本立てである。

昨年、ガイ兄さんから連絡があって、ASPHALTのライブが大阪であって、ガイ兄さんがヘルプでベースやってるからよかったら遊びにおいでとの事だったので、樋口番長とランチキ前川社長と共に、BAYSIDE JENNYに観に行った。

電話では、「ヘルプのベースじゃけぃおとなしゅう弾いとるんよ」との事だった。

店終わりで会場に向かったため、ギリギリの到着となった。ちょうどセッティングを終えたASPHALTの面々がいよいよライブスタートってところ。ジェロを始め、メンバーがステージに上がる。一番最後に、御大登場。

「んん!」
キャツアイかけとる。

「んんん!」
GAUZEのロゴをプリントしてる袖落ちのGジャン着とる。

「んんんん!」
何やよーわからん鉄板入っとるよーなワークブーツ履いとる。

「んんんんん!」
ベーアンのところでキャッツアイ外した。
(舞台袖からベーアンまでの3メートルのためだけなのか?)

「んんんんんん!」
ガイ兄さん直々デザインのMY MEETS〜のジャケTーシャツ着とる。

俺はつぶやく。
「........おっさん......本気モードや。」


立続けにASPHALTの怒濤のハードコア・ナンバーを演奏。数曲かの後、MC。

「んんんんんんん!」
ジェロがMCしてない。

兄さんがしゃべっとる。
「手前味噌じゃが、昔ワシがやっとったバンドのカバーを1曲」

それが「オマエノコトナドシラン」だった。 殺し屋の形相でコーラスする兄貴。
狂喜乱舞するおっさんの客。


兄さん!ヘルプちゃいますやん! ガイ・オン・ステージですやん!
然るにこれもまたエンターテイメント!


.......しかし若者達よ、オッサンをヘルプに使うたらえらい目に合いますんで使わんように。
[PR]
by barmyarmy | 2005-05-30 01:06