紬/楓子barmy army

ブログトップ

Klean Living Kids

本日、仕事休み。

元町に引っ越してから1年が経過。以前住んでいた神戸のデスバレーこと丸山には5年ほど住んでいたのだが、その間、推定1,000日は行き、延べ80万円近くは落としたであろう天ぷら屋「天よし」に、チビのご挨拶がてら、家族引き連れ久々乱入。

財津一郎酷似の名物オヤジも大健在にて、ざる蕎麦、天丼、こぶしのだ、各種天ぷらにて大満腹。このデスバレー在籍時に、体重も推定10キロ(当社比)近くは増したわけだから、このオヤジにも多少責任はあるだろう。変わらずの毒舌ぶりに、こちらも毒舌で応戦、痛み分けの戦利品としてお持ち帰りの大量の天ぷら達。ワシが痛風になったおりには、財津一郎酷似のこのオヤジにも治療費を一部負担してもらおう。

なので、町で会った時は「天ぷら先輩」もしくは「天ぷら主任」と呼んでもらっておおいに結構。 (ハナクソマンと呼んだら死刑。)

満腹の至福のままチビグッズと、先日パーティーがあった山口夫妻の祝い購入のためハーバーランドへ。チビグッズ・コーナーにて発見したプラレールに釘付けの37歳。

小学校のガキの頃(実は中学の途中まで)、Nゲージにどんはまりであった。線路幅が9mmのため、ナイン・ゲージと言われていた(11mmもある)。線路をつないで、電動のモーター車を乗せて走らせるわけだが、しまいには駅のホームにいる人間や、ちょっとした町、森、川なんかも作って、一大ジオラマを作るほどまでになっていた。当時、スーパーカーが空前の大ブームで、当然そちらにも夢中になったんだけど、根本は決定的に電車派で、お年玉全部をNゲージにつっこんでいた。

この間、ブルートレインの「さくら」と「あさかぜ」が遂に終焉を迎えたが、そのラストラン当日の夕方にハードコア・キッチンのコメットから電話。

「今日はどこで拝むん?」

すかさず

「元町駅1:36」

と、お互いブルートレインの汽笛が収録されているアナログ(奴は汽笛の音で何のブルートレインか分かるほどの腕前だ.....何じゃそれ)を持っている、これぞ少年とも言える(本間か?)同志の太く短い会話を思い出しながら妄想し、ニヤニヤしていると、近くにいたはずの嫁とチビの姿はすでにあらず、隣にいた佐藤蛾次郎酷似の奥さんに強烈に退かれ、まるで川俣郡司を見るかのようなするどい視線に

「おたくも強烈ですなー」

等とは、当然発することなど出来ず、すごすごと後退。

無事買い物も済ませ、あっちこっちを徘徊していると、やけにロケーション最高の場所を発見、家族にて一息つきながら、写真でも撮るかぁ〜と、撮った写真が上記のもの。

因に、この写真を撮った5秒後に前を通ったMr.オクレ酷似のキッズが、

「おい今のオヤジ、コラプテッドのTーシャツ着とったな。」

とオヤジ呼ばわりされたので

「ふっふっふ。坊やも強烈やねー」

等とはオヤジ狩りが怖いので、当然発することなく、すごすごと後退。

ドクターペッパーを途中で発見、意気揚々と帰宅。

まだ夕方だったが、チビを無理矢理風呂に入れ、恒例化しつつある風呂上がり夕暮れワイルド・ハニー・パイへのレコード巡り。

本日の戦利品、
NIK KERSHAW/The Riddle LP(¥100)、X/More Fun In〜 LP(¥680)、CHROME/Red Exposure LP(¥680)、NENA/Plastic Dream LP(¥180)、天よしの天ぷら多数。
[PR]
by barmyarmy | 2005-06-10 22:48