紬/楓子barmy army

ブログトップ

Dish It Out

「真野さん、当日券無いらしいっすよ。」
閉店直前に来たお客にメンチを切りながら出た携帯電話からのヨーペイの声。

「あっそう。本間かいな〜......えっええ!?」
ん〜何たることのサンタルチ〜ア〜。

やってしもうた。またやってしもうた。本日、ジェームス・チャンス&コントーションズのライブ。@noon。まさかのソールドアウトである。30代後半のオヤジしか観んであろうと余裕こいてたら、何たることのサンタルチ〜ア〜。閉店時間を過ぎても渋とく粘るクラスト君をさらなるメンチにて、半ば強制的に店から追いやり(すまぬ、クラスト3号君)、レジ締めも番長に任せ、NOONへと飛び出す。

店から3分のNOON前には、ヨーペイと池田兄。携帯電話で誰かと話しをしている池田兄は、ときおり笑顔も交え、こいつの余裕は一体何?と思いながらもすでに酩酊気味のヨーペイに現状を聞く。

「あきませんわ〜。どないもなりませんね〜。」

あせる俺をしり目に、電話を終えた池田兄、さらなる余裕しゃくしゃく顔にて、Tーシャツのデザインがどーたらこうたら。

んん。ちょっと待てよ。こやつのこの笑顔......これは勝組みの顔だ。この状況下で勝組みってのは.............つまり......前売り券を持っておる。

「ジーザスクライスッ! 」

負組みの人間はすぐに徒党を組もうとする。
俺達2人は、他の負組みはおらんかと辺りを見回す。

んんっ.........あ・れ・は!

先日カウンターバー「谷よし」にて、熱くコントーションズを語っていたOKOSHITではないか!一目瞭然、奴も負組みだ!匂い、オーラ、眼力の無さ、どれをとっても一流の負組みだ!奴も充分にこちらの匂いを嗅ぎとり、ヘラヘラと歩み寄ってくる。

「おまえもか.....。」
呆然と立ち尽くす3人衆。

「ほなそろそろ入りますわ。」
満面の笑顔の池田兄。

湧き出る殺意をおさえながら、
「ああ。」と3人衆。

「しゃあない、飲みにでも行くか....。」
と蚊の鳴くような声で現場を立ち去ろうとしたその瞬間。

「真野くん!」
と呼ぶ声が。

ふり返るとデスサーフ2000のウエシン。
「当日券1枚だけあるで。」

ジーザスクライスッ!!!!!

笑顔を隠しきれない俺。

恐る恐る見上げたヨーペイとOKOSHITの顔。




.......以下明日。
[PR]
by barmyarmy | 2005-07-14 10:04