紬/楓子barmy army

ブログトップ

Problem Child

問題はいつも山積みである。

本日は神戸/深江のクラブ「ZINK」で行われるスケートのオールのイベントにてレコード回し。DJ依頼されていた加藤が、普段朝3時に起床している身なのでオールをひとりでこなすのは無理と判断、泣きの電話にて急遽ワシも参戦決定へと。バンドも修羅の1-MINUTESや、GAMY等も出演するらしい。かなりでかい小屋なので、フルで鳴らすのが楽しみ。

ちょっと間が空いたが、週の頭にAMOKの寺ボンから電話。いつものようにのっけからアホな話しでこちらが一方的にマシンガン・トークを浴びせていると、「AMOK解散しました....」

店に納品にきたデモ音源を聴いて、こちらからアプローチした初めてのバンドだった。オメガサウンド小谷さんのもと、特訓しごき教室と言ってもいいぐらいのスパルタで進行したレコーディングが懐かしい。2ndはTECHNOCRACYのダイちゃんにエンジニアをやってもらうことが決まってて、すげー楽しみにしていたのだが。非常に残念だ。


懐かしいっていうか、自然な空気感っていうか、うまいこと言えんが、ことこれが存在する人には違和感なく接することができる。それが初対面であってでもだ。

理由は判らんが、それは知合いに感じが似てたり話し方の間であったり、服のセンスだったり、音楽のセンスだったり、笑いのセンスだったり。肌にくるものだ。ピンとくるものだ。理屈じゃねーんだよ。これが。

明日は京都でファースト・アラートのラストライブ。俺の中でいろいろとケリつけなきゃならん事がある。楽しむのか、悲しむのか。見届けるのか、見送るのか。

しかし、問題はいつも山積みである。
[PR]
by barmyarmy | 2005-10-22 23:14