紬/楓子barmy army

ブログトップ

Do They Owe Us A Living?

VIVISICKとMUKEKA、アツシのラストステージ、ビッグフロッグ....予定の全ては、緊急の仕事出ねばならん逆転有罪の為、オールナッシング。どすん。

VIVISICKに同行してたギター婦人のシゲが神戸に遊びに来る。知らぬ間に結婚してたのね。おめでとうさん。ちゃんと旦那紹介してね。VIVISICKでは高橋君とスナオ君しか面識ないのよお父ちゃんは。だってギターの旦那、どっから見ても親殺しなんですもの。怖過ぎてこちらから話しかけることなんて出来ません(涙)。

そんな妹分シゲとラグタイム、ジョニーと黒木がおったのだが、女連れのワタシ見るなり伏せ目にして知らんぷり決め込もうとする黒木の気の回しよう、違うんですってば(笑)。しかし、マスター岡本が髪の毛を伸ばしにかかっておるぞ、ふんふんロン毛にする腹づもりなのか。何を色気づいておるのだとカウンターから総攻撃(笑)。

一夜明け、朝からノックアウトの子供服袋詰め放題千円に参戦。恥知らずのわし等に詰め放題させたらえらいことになりまっせ。ひっひっひ。

しかしながら僕なんて淡白なものね。奥方連中の凄さったらそれはそれは。一向に終わりそうもない詰め放題のチョイスに、スキを見てコメットのところへ。

オフィシャルかブートかよう分からんCRASSの初期デモ音源集、WIPERSの1st再発盤のアナログをゲット。うっしっし。

詰め放題の袋の原型から20センチメートル四方(当社比)は広がっておるかと思われる袋を下げた奥方連中と中華街(not GUY)にて昼食。三重に向かうシゲを送りだし、三浦女史と合流後、ヤングペンシルヴァニアンズ/吉田君とこへ遊びに。残念ながら元ちゃんはお昼寝。またもや大量のチビの服をいただく。いつもいつもありがとう、吉田君に先生。



ってなゴールデンウィークの幕開け。



写真) もちろんポスタースリーヴ。
c0044966_1345269.jpg
by barmyarmy | 2007-04-30 13:46 | a day